洒落た店舗デザインと設備でお客様の心をゲット

Improvement and housing

取り付けの料金

インターホンの取り付けは工事内容によっても工事費が変わってきますが、その他にもインターホンの種類で異なります。インターホン専門業者では多くのメーカーに対応しているため、変わった種類のものでも適切に対応してくれます。

READ MORE

検討する

改正により、スプリンクラーの設備が義務付けられたことから、不勉強の部分もあったでしょう。どこに設置をすれば良いのか迷った場合は、比較検討が出来るサイトを参考にすると勉強にもなります。

READ MORE

費用の考え方

新規事業として、これから店舗をかまえるオーナーや、既に広く事業を行っている店舗オーナーにとって店舗デザインは重要です。一般的に店舗デザインとは、設計のことをいい壁や床の内装をはじめ、店舗に必要な備品や家具全ての置き場所まで考えた設計をするものであります。依頼する場合は設計デザインを手がけている設計時事務所にお願いします。店舗デザインをお願いする時、費用がどれだけかかるがきになるところです。費用は当初の予算と実際工事が始まってからかかる費用に違いがあってはいけません。そのため、最終的に工事が終えるまでの費用を確認しておきます。

店舗デザインは、まず設計を手がける事務所にデザイン料を支払いますが、デザイン料以外にも設計監理費というのが発生します。これは、施工の途中途中に図面どおり工事がされているか確認作業の費用です。次に、水回りの工事や電気、ガスなど設備業者への工事費用と、看板などお店の雰囲気を出してくれる造作工事に支払いが必要となります。
デザイン料の計算方法は、大まかにわけると坪単価で計算する方法と、工事費の約10%など比率を決める方法があります。坪単価で計算する場合、店舗の広さが小さいのか大きいのかで単価に違いがでることもあるので注意するようにします。比率で決めている場合は、全てにかかる工事費用がわからないとデザイン料を計算することもできないので、大まかな工事費やデザイン料を計算して、事務所と話しあい金額を決めておくことが大切です。

最新の技術の導入

日本は地震大国のため、その被害にあう人も沢山います。そのため、建物や住宅の中に取り残されないよう多くの住宅設備メーカーが地震に対応した商品を開発しています。エレベーターもその一つであります。

READ MORE

どれだけかかるのか

エレベーターの点検は、定期的に行なわないと大きな事故に繋がってしまうかもしれません。ですから、定期的に行なうことが法律で義務付けられていますので費用を調べて行なうようにしましょう。

READ MORE

悩みを解決

仕事の効率が下がってきたと感じた場合は、店舗デザインが不適切である場合があります。特に店舗は集客を目的としているのでデザイン性の優れた内装にすべきと考えるでしょう。

READ MORE